ブログの活用法を記事にしました。

II-1. 【新人】通訳ガイドの動線ナビ:浅草寺-1

動線Navi

浅草寺-1

朝に成田着のフライトで到着する行程では、最初の訪問先が浅草寺になることがあります。

成田から浅草へ向かう場合

成田空港から、そのまま浅草へ向かう場合、
ディズニーランドを通過したら、すぐにガイディングを始めます。
途中、東京スカイツリーが見えたら、すかさずご案内し、
これから行く浅草寺境内からも見えるということもお知らせします。
別な場所はホテルなどから向かう場合も、ガイディングの所要時間から逆算して、
毎回、どのあたりから説明を始めたらよいかを計算しておきます。
オススメは、計算よりも少し早めのガイディング開始です。

珍しいもの、面白いもの、有名なもの、ランドマークなどが見えたら、
たとえガイディング中であっても、【今目の前に見えているもの】を優先して
ご案内しなければならないからです。
また、ゲストから質問が出た場合、できるだけその場で対応するほうが、
お客様の満足度に繋がります。
常に臨機応変にしておく必要があるので、常に、時間に余裕を持つようにします。

迷子対策【重要】

空港を出発して1番目の訪問地に到着する前に、
必ず、迷子対策を確実にし、徹底周知します

特に最初の訪問地で迷子になったゲストは、不安感でいっぱいになり、
ガイドに対して不信感を抱くようになります。

また、「お客様は、自分の非を認めない屁理屈の天才」ですから、
万が一トラブルが起こっても、確実に保身出来るように対策をしましょう。

関連記事:24. バス車内での確認と安全注意事項
関連記事:27. 旅の情報と注意事項(1)

肝心なことは、万が一迷子になったらどうするか
具体的な連絡方法をバス降車前に確認しておくことです。
浅草では、バス降車場所と、出発のための乗車場所が異なりますので、
そのことも含めて、行程と手順をよく理解していただきます。

隅田川近辺

東京スカイツリー、アサヒビール、フラムドールなどが見えたら、
ガイディングを一旦休んでも、「いま見えているもの」を優先してご案内します。
このあたりまで来ると、じきにバス降車となりますので、以下の項目を確認します。

バスを降りるときに持つもの
・貴重品は必ず身に付けること。
・雨が降りそうなら傘や雨具など、日差しが強そうなら帽子やサングラス。
・薬が必要な人は忘れないこと。
・バスを降りてから、どのくらい歩き、どのくらい後にバスに戻るかの情報。

到着直後は、何よりも迷子を出さずに正確に全員を引率することが何よりも大事です。

宗教関係の知識

日本到着後、最初の訪問が浅草なら現地到着前に、
日本には神道と仏教という2つの主要な宗教があること、
神道と仏教の違いと、神仏習合についての説明が必要です。

一神教ではない宗教に接して戸惑う人は、かなりいます。
さらに、異なる宗教が、相互補完的役割を担って、
同じ敷地内に同居するという例は、世界でも極めて珍しい現象であるため、
さらに、混乱する人も中にはいます。

神道と仏教の違いについては、すんなり理解できる方と、そうでない方がいます。
一般的には、宗教の詳しい説明は簡単ではない、と心得ましょう。

国籍を問わず、最後まで、2つの宗教を混同したままの人達はいるものですが、
帰国してから解るかもしれないので、聞かれたら何度でも繰り返し説明します。

日本の名所旧跡は、神社仏閣が非常に多いので、宗教の知識は不可欠ですが、
最初は、いちばん特徴的なことに絞って説明するにとどめ
少しづつ、情報を追加していかないと、お客様は飽きてしまいます。
宗教の説明より、目の前にある数々の珍しいものや建築の説明が優先事項です。

混雑場所での誘導

近頃は、イヤホンガイドを使えることが増えたのでとても助かりますが、
観光名所は、どこも混雑しており雑音も多く、
別な団体のガイドの音声まで入ってくることもあります。
(その場合は、すかさずチャンネルを変更します)

訪問箇所の説明は、到着前までにバスの中で済ませ、
現地では、重要ポイントを具体的に示す程度にしています。
現地に行ってしまうと、そもそも写真撮影に夢中になっていまい、
何を言っても耳に届かないことが多いのです。
詳しい説明よりも、お客様がハイライトを見逃さないよう氣を配り
「コレコレはちゃんと見ましたか?」と声をかけましょう。
あとになってから、「見てない!」などと言われると、クレーム対象になりかねません。

仲見世

お買物は旅の大きな楽しみですから、仲見世の商品情報なども忘れずにお伝えします。
浅草神社や浅草寺自体より、仲見世でのお買物のほうが大事という人は大勢います
浅草寺は見なくてもいいから、その分仲見世を長く見たいと申し出る人さえ出る場所です。


よく、「きもの」を買うという人がいますが、99%、それは浴衣のことであり、
さらに、仲見世で売られているお土産用の「きもの」の実態に関する補足説明が必要です。
最近は、中国製ですらなく、東南アジアで作られた、テラッテラのポリエステルで、
日本人なら恥かしくて買うことなどないものですが、
お土産として、それでもいい人達もいます。
くれぐれも、それは日本の本物の着物ではないことと、
いくら外国でも外での着用はオススメしないなどの程度のことは、お伝えします。

「着物」は、とても買えるものではありません。
もし買えるとしても、付属品が膨大に必要ですし、着付けもできません。
本物の着物売場を見たい方には、デパートの呉服売場をご案内すると便利です。

浅草に限らず、少なくともMade in Japanなのかどうかを確認するようにお伝えします。
もっとも、最終仕上げだけ日本で行われていればMade in Japanを名乗ることができるので、
まぁまぁ・・・なのですが、Made in Japan でないということは、
最終仕上げさえ外国で行われているわけです。
別の国の製造品であると分かっても、安いからいいなど、
納得できていればいいのです。

仲見世での注意事項

注意事項としては、食べ歩きをする人達がいるので、ぶつからないように、
洋服など汚されないように注意しましょう。
これは、仲見世も裏道も、他の観光地でも言えることです。
他の観光地でも、食べ歩きをする人がいる場所では同じ注意をします。

浅草は、いつも混雑しているので、
新人ガイドが団体を引率するには、本当に緊張します。
インバウンドが戻って、外国人団体ツアーが催行されるようになったら、
いちど、団体のオペレーションがどのように行なわれているのか、
様子を見にいくといいと思います。

ましてや、三社祭、金龍の舞などのお祭と重なる場合は、
かなりオペレーションを工夫する必要があります。
お祭を見つけると、お客様はすべてを忘れてそちらに氣をとられ、大いに混乱します。
集合場所の説明をする前に走り出していなくなる人さえ出てしまうのです。
そういうメンタルに問題がある人も、中にはいることを心得ておきましょう。

浅草に限らず、お祭に重なる場合は、綿密にリサーチしても、
実際はその通りにできるとは限らないので、
オペレーション計画には柔軟性を持たせておく必要があります。
常に大混雑している浅草で迷子が出たら、どうしたらよいのか、
様々なケースを想像し対策も考えておくべきです。

本来、ご本堂に入る前には、手水舎で身を清めるものですが、
浅草寺の手水舎は、マナーのかけられもない外国人観光客が多すぎるため、
私は「衛生上の理由により」説明をするだけにしています。
浅草寺手水舎の特徴は説明しますが、写真映えするインパクトあります。
この記事を書いている2021年1月現在は、外国人観光客がいないので、
浅草寺にも日本人しかいないので、安心して参拝できると評判です。

浅草での降車と駐車場

繁忙期は、基本的には、団体バスの降車場所は、あらかじめ決められています。
降車は、言問通りになる場合が多く、
指定場所での乗降しか認められないこともあるので、ドライバー様と確認しておきます。

でも、雷門通りで降車できれば、雷門を全員で正面から見て説明できますから、
東京の有名なランドマークとしての印象は深まります。
言問通りで降車となっていても、ドライバー様が雷門通りに停めてくださると
ご協力していただければ変更可能です。(あくまでも状況次第です)
誘導をする係員さんに急かされても、焦ることありません。
ここで、ゲストがバスの中に忘れ物しても、取りに戻ることができないので、
下手に焦らせても仕方ないのです。
いずれにしても、出発は、二天門駐車場からになります。

A:言問通りでバス降車~二天門から入る場合

雷門ではなく二天門から入る場合でも、
お客様にとっては、日本的で珍しい風景のため写真撮影に熱心になります。

二天門に向かって左側を通れば団体でも通りやすいのは確かですが、
山門から入らないと、日本文化と歴史に触れる意味がありません。
社寺仏閣に出入りするときは、一礼し、真中を避けて歩くようことをご案内。
入ってすぐ右側に全体の境内案内地図がありますので、
現在地、これからの予定と、最終的な集合場所と時間を伝えます。

浅草寺の境内ですが、まずは浅草神社について説明。

浅草訪問後は、二天門駐車場から出発しますので、
多くのガイドは、浅草神社前を集合場所にします。
ここに、何時何分に集合という事と、お手洗いの場所をご案内。
それは、仲見世などのフリータイムの後になりますから、
まだ「ガイドに付いてくるように」お伝えします。

時間に余裕があれば、浅草神社境内。
時間ギリギリなら、鳥居とご祭神の説明だけ。

本来ならば、手水舎でお清めをしてからご本堂に向かうべきですが、
衛生的に問題がありますので、手水舎の龍神を説明するにとどめ、
ご本堂に入り、中をご案内。
引続き、大香炉、おみくじ、お守り関係、五重塔、宝蔵門を説明。

仲見世が見えると、お買物のことが頭から溢れ出してしまい、
説明が耳に入らない人が激増する地点なので、要注意です。

たとえば、このあたりで、2種類の選択肢を示す方法があります:

1. 浅草寺の象徴である雷門を説明するのでガイドと一緒に歩き、
その後、仲見世で自由時間(買物)にするグループ。
2. それよりも、お買物優先ですぐに自由時間にしたいグループ。
どちらでも自由ですが、ここでもう一度、集合場所と集合時間の確認は必須。
ガイドと一緒に来るはずの人が、途中でお店に吸い込まれてしまうこともあります。

宝蔵門を背にした右側、幼稚園の前に、
浅草寺の歴史を描いた絵と日本語の文章が並んでいます
有り難いことに、浅草寺様のホームページにもあります:浅草寺さんの歴史

FITなら、それを見ながらお話すると喜ばれますが、団体では難しいです。
もっとも、ガイドに付いてくる人数が少なければ説明可能です。

この絵のことも、バスの中であらかじめ、お話をしておきます。
すると、中にはそれを覚えていて「その絵はどこにあるのか?」と
現地で聞いてくる人達もいますから、場所を教えてあげると喜ばれます。

ガイドと一緒に雷門へ行く場合は、仲見世の中央通路を通ると、
人が多すぎて前に進めないので、横の小路を通ります。

雷門前は、いつもごった返しており、
イヤホンガイドを付けていても声が聞こえないので、
雷門前のスクランブル交差点を渡り、観光案内所前から説明するほうがやりやすい。
スカイツリー、アサヒビール、フラムドールも併せて説明し、
お客様がそこそこ写真を撮り終えたら、雷門へ渡り、
今一度、集合場所と時間を確認して解散。
仲見世は約250m、お店の数は約90軒あること、
大混雑しているので思うように歩けないので、
時間には余裕を見るように、念を押します。

B:雷門通りで降車する場合

降車場所は、普通は言問通りになっていることが多いのですが、
当日、ドライバー様が大丈夫と言えば、雷門通りで降車できます。
繁忙期は、スケベ根性を出さず、予定通りの場所で降りましょう。

雷門を右に見て200mほど先に団体バス降車場があります。
さっさと降りないと係員から怒られますが、焦っても仕方ありません。

降りたら、通行人の邪魔にならないよう注意を促されます。
スカイツリー、アサヒビール本社、フラムドールなどが見えるため、
足元も見ずに歩くので、段差や交通安全に注意です。
また、歩道を自転車が頻繁に通ることに、欧米人は慣れていませんから、
バスを降りる前にの注意事項としてもご案内してください。
また、信号も、そもそも見ていませんので、ガイドが注意します。
雷門前のスクランブル交差点を渡る前に、雷門の概略を説明。
スクランブル交差点は、面白がって何度も渡る人が出てきます。
すると、「有名なスクランブル交差点」について聞いてくる人もいます。
渋谷のスクランブル交差点が行程に入っているツアーなら、
「行きますよ」と言ってあげると安心します。
渋谷へ行かない場合は、上手にかわさないといけません。

仲見世でのショッピングは貴重なフリータイムです。
宝蔵門で待ち合わせる場合は、
お店が途切れた広場にある雷門と同じような形の建物で、
【ここと同じように大きな赤い提灯がある250メートル先にある次の門】に
何時何分集合とするか、
ご本堂【突き当りの建物】にするか決めて、いったん解散します。

集合場所は、宝蔵門でなくても、ご本堂前でも、どこでもいいのです
要は、分かりやすく、動線に無駄がなく、人数を数えやすい場所にすることです。

宝蔵門で集合する場合、宝蔵門、大きなぞうり、五重塔、
おみくじ、大香炉、手水舎を説明し、ご本堂へ入ります。
ご本堂での説明が終わったら横から出て、浅草神社へ。
時間に余裕があれば、浅草神社へも入る。
時間がなければ、お手洗い時間だけとって、二天門駐車場へ向かいます。

浅草寺でのフリータイムは、仲見世でのお買物に費やされることになります。
お客様から、欲しいものがどこで買えるか聞かれることが多いので、
仲見世のどのあたりに、どんなお店があるかなど知っていれば、便利です。

フリータイムは、ギリギリまで使っても時間が足りないという人達がいる一方、
お買物は一切興味がなく、ウインドウショッピングすら興味がない人には、
ご本堂に向かって左手の影向堂と薬師堂がある一角をご案内します。
FITでは、色々な話をしながら、このあたりまで回ることも多くあります。
鯉の泳ぐ川や石橋など、いかにも日本的風情を楽しめます。

浅草では、フリータイムの時間の取り方がいちばん悩ましいところ。
ご本堂や神社見学は短めにして、自由時間を少しでも多めにするほうが、
一般的にはお客様の満足度が高いようです。

次回は、浅草から出発するとき、公共交通機関利用、
隅田川クルーズ利用の場合について、お話します。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました