ブログの活用法を記事にしました。

23. 【新人】通訳ガイド:空港から出発【専用バス】

オペレーション

空港から出発【バス】

ガイド席

ガイド席は、1列目、マイクの後ろです。
ドライバー席のすぐ後ろになることが多いですね。

私は一番先にバスに乗り込み、1列目4座席すべてを確保します。
ドライバー様の後ろ2座席にガイドの荷物を置き、
通路反対側の2座席には【Reserved】と大きな字で印刷したA4の紙を、
クリアファイルに入れたものを置き、
ゲストが1列目に座らないようにします
マイクの場所が反対側なら、入れ替えますが、
それは後からでも大丈夫。

【注意】ガイドが一番先に乗りこまないと、ゲストが1列目を占拠してしまいます。
その場合も、以下の理由から座席を移動していただきます。

かつて新人研修を受けたとき、次のように教わりました。
1列目は最も危険な座席であり、万が一事故が起こった場合でも保険がきかない
⇒どこまでホントなのか、実際の詳細はナゾのままですが、
安全性を理由に、1列目にはゲストを座らせません。
「事故がおこっても保険がきかない」この一言で、
普通は、あっさりと諦めます。

それでも、1列目に座りたいと訴えてくるお客様もいますが、原則お断りします。
依怙贔屓は厳禁です。

最前列は大きく視界が開けているため、写真撮影には絶好の場所です。
最前列2席を開放してしまうと、写真撮影用の争奪戦になってしまいます。
たとえ、毎日交代してもらうにしても、全員を平等にはできませんし、
必ず、なんだかんだと屁理屈を言って連続占拠する人が出るでしょう。
その程度のことは、やってみなくても容易に想像がつきます。

結果として、危険だからダメという理由で、
1列目NGにしてしまうのが、安全上も、全体の雰囲気的にも、
全員平等の観点からも、平和的解決策と思います。

TLが付いてくるツアーでは、通路をはさんだ反対側にTLが陣取ります。
ガイドやTLは、書類など荷物が多いので、普通は1人で2席づつ確保します。

それでも、1列目着席を許可せざるを得ない場合

1. 車酔いする人。視界が開けていると酔いにくいと言われる場合。
乗物酔いする人については、ツアー初めに説明をして、
申し出てもらいます。
その場合、酔止薬をもっているかどうかも確認します。
車酔いしてから最前列に来る人もいるし、
最初から最後まで1列目にいる人もいます、いろいろ。

2. TLが、特定のお客様を1列目に乗せると主張する場合
TLが、特定のゲスト、多くの場合はTLの顧客になっているゲストに、
「バスの1列目に乗せてあげる」と予め約束してしまっている場合があります。
その場合も、TLとゲストの前で、最前列の危険性と保険の件を説明し、
納得していただきます。
万が一、事故が発生して1列目のゲストが怪我をした場合、
ガイドは危険だから避けるように説明したのに、
危険を承知でそこに座ったことを明確にしておく必要があります。
要は、ガイドの責任を回避できるようにしておくこと。

3. ゲストがどうしても1列目に座りたいと希望する場合(レアケース)
「何が何でも1列目に乗りたい」と主張する人:
「もう80代半ばになり、明日にどうなっても何の不思議もないし、人生に悔いもない。
事故になって怪我をしても文句言わないし、死んでも悔いはない。
保険がどうのこうのとも騒がないからご心配なく。
この年になって、やっと日本まで来ることができました。
多分これが人生最後の遠方旅行です。
わたしは、写真は撮らないので、カメラも持ってきていません。
写真を撮る代わりに、最前列の大きな窓から、
景色をじっくりと目に焼き付けたいのです。」
ここまで割り切られると「どうぞ」というほかありません。
しかも、車酔いもする方でした。
最前列の方のシートベルト着用については、特に注意して確認します。

2列目の今後【インバウンド再開のとき】

新型コロナ感染が落ち着いても、マスク着用や社会的距離は、
習慣化されていく可能性が高いでしょう。
マスクにウイルス感染の効果は全くないことは、
多くの科学者や医師がエビデンスと共に発表していますし、
厚生労働大臣も明確に認めて、2021年春の国会で、
「マスクにウイルス感染防止の効果が無いことは、
もはや、世界中の常識です」と発言しました。
マスク着用は百害あって一利なし;健康を害するだけ。

それなのに、なぜマスク着用が推奨されているのかは、
各自、調べましょう;ここに書くことはできません。

ウイルスも黴菌も、ずっと昔から、あらゆるところに沢山いて、
人類は、沢山のウイルスとずっと一緒に過ごしてきたわけですし、
そもそも私達の細胞もウイルス由来のものがいっぱいある。
そもそも、PCR検査は遺伝子を増幅するためのもので、
ウイルス検出に使ってはいけないと、発明者が言っている。
おかしなことが、いっぱいあるわけです。
それはおいといて、とにかく、この機会に、
バスの2列目は空けるという習慣ができればイイと思います。

ツアーは、短ければ1週間程度ですが、
長いと2週間以上に及ぶものもあります。
集客のために、多くの場所に行く充実した内容にするため、
結果的に、タイトでキツイ行程が出来上がるわけです。
ツアーも中盤を過ぎ、疲れが溜まってくれば免疫力も下がります。
それは、ゲストも同じで、風邪ひきさんも出てきます。
さすがに、ガイド席のすぐ後ろで、派手に咳をされ続けると、
ほぼ確実に感染するわけです。
マスクで防げるものではありません。
ガイドの体調が悪いと、ツアー催行に支障が出るという観点から、
ゲストには、できれば3列目以降に座ってもらいたいと思うのです。

苦い経験:参考までに

駆け出しの頃、大風邪を移されて、ひどい目に遭ったことがあります。
そのツアーには、ベテランで優秀なTL(添乗員さん)が付いて来ました。
問題ゲストはツアー初めから、ずっとガイドのすぐ後ろの席に陣取り、
ひっきりなしに咳き込み続けて、困ってしまいました。
もちろん、マスクを持っているわけもなく、
マスクを差し上げても要らないといい、口も覆わない。
風邪ではないか?と聞いても、風邪ではないと言い張りました。
あまりにも続くので、風邪ならば薬局へ行って、
薬を買ったほうがいいとTLさんが諭しても、
風邪ではないと言い張り、咳はさらに酷くなっていきました。

私の頭に1日中咳が吹き付けられ続けたため、
いよいよ、私への感染も明らかになり、
頭痛と寒気にも襲われはじめ、声がかすれはじめたため、
TLさんが、問題ゲストに座席を移ってほしいと言うと、
その人は、ブっちぎれてしまったのです、
好きな席に座る権利があるはずだ、と。

好きな席に座る権利はあるかもしれないが、
独り占めしてはいいことにはなりません。
ガイドは、できるだけ毎日座席を変えてくださいね、
とご案内しています。
別な人が先に来てガイドの後ろ席に座っていると、
「そこは私の席だ」と言い張り、喧嘩してまで、
先に座った人をどけさせるという暴挙を続けていたのでした。

添乗員さんが、ガイドの声が出なくなると、
ツアーが催行できなくなると言うと、
「客にイジワルをするのか」と、わめき散らす始末。
ベテランTLさんが、本当に微妙に対応してくれてましたが、
あのベテラン添乗員さんが、あれだけ優しく諭しても、
まったくもってお手上げ、全員がドン引き状態。

問題ゲストは、トラブルメーカーでしたので、
他のお客様達も、色々な件で呆れ果てていました。
その人の病状はさらに悪化しましたが、
日本の薬を買うのは嫌だと薬局行きを拒否していましたが、
他のお客様達から、自分達にも感染させるつもりかと言われ、
やっと、薬局へ行って風邪薬を買い、薬を飲んだら、
みるみる回復したのです。
「日本の薬がこんなに効くなんて思わなかった」なんて言われても
私は人間ができていないので、
「うるせぇ、コノヤロウ」と思ってしまったのでした。
思っただけですよ、実際にはそんなことは言いません。
「呆れてモノが言えない」という雰囲気は振りまいたと思いますが。
人にウイルスを移した人はさっさと回復しますが、
移された人は簡単には回復しません。

この問題ゲストは、その後、掌を返したように、
添乗員さんとガイドに媚びてきました。
何をどう考えたのかは全く理解できません、
恥を知らない人は、けっこういるものです。
 

ガイドは声が出ないとアウト

上記が、駆け出しの頃に、大風邪を移された嫌な経験です。
「声が出なくなったガイドさん」が降板を余儀なくされ、
急遽、代役を務めたこともありました。
それらの経験から、ツアー最初に
「風邪をひいたり咳をする方は、ガイドから離れていただきたい。
ガイドの声が出なくなると、ツアー催行に支障をきたします」と
言うことにしていました。
こんなセリフを言うべきではありませんが、事前対策と割りきっていました。
今は、ツアー開始時には言いませんが、状況次第で早めに注意喚起します。
私が咳き込む場合は、私から離れてくださいとも言います。

ガイドが体調不良となり途中で業務降板になれば、
収入が絶たれるだけではありません。
繁忙期で、代わりが見つからなければ責任問題にもなりかねません。
そのツアー契約が「スルーガイドを付ける」となっていれば、
契約上の問題にも発展し、その旅行会社から、暫くは干されるでしょう。
自衛手段として、場合によっては必要な措置と考えています。

新コロでなくても、普通の風邪(コロナウイルス)でも、
氣を付けたいことです。

ご夫婦・カップル

20名ほどの団体に、正席45席の大型バスが手配されることもあります。
1人で2席使える計算になりますから、
「ぜひ、ゆったりとお座りくださいね」とお伝えしても、
多くのご夫婦やカップルが、くっついて座るのには毎度驚きます、
どう見ても、けしてスリムとはいえない方々、
見ているほうが暑苦しく思うような方々が多いので、
「座席の余裕はいっぱいありますのよ」と言っても、
「いいの、こうしてくっついていると落ち着くから」と
答える人がたくさんいて、目がテンになります。
わたしには理解できませんが、お客様がOKならOKです。

ガイド席を最適化

バスが発車する前に、マイクの位置やコードの長さに合わせて
自分の陣地を決め、
通路側に書類鞄など、少し高さのあるものを置いてバリケード化します。
通路側の座席を後から見えなくすることにより、
アンチョコを隠すことができます。

最初から、すべてを暗記して、淀みなくステキな
ガイディングを展開できるとは限りません。
すくなくとも、私はできませんでした。
自作メモを見るのは問題ないとはいえ、
あまり見られたくはないわけです。
【参考】ガイディング原稿・アンチョコについては
4. ガイディング原稿作成を参照。

バス発車

荷物を積み終え、全員がバスに乗り込んだら、
今一度、名簿を元に全員の確認をします。
改めて、歓迎のご挨拶と手短に自己紹介、
ドライバー様のご紹介
をします。
ドライバー様は、東京なら「東京のベスト・ドライバー様、Mr.田中」;
これが定番のご紹介表現です。
大阪、京都、行く先々で、場所を入れ替えて同じようにします。
ずっと同じバスで催行する場合は「日本一のドライバー様」になります。

食事制限がある人について、バスが止まっているうちに、
情報確認できるといいのですが、空港の団体バス駐車場には、
あまり長い時間、停まっていられません。
せめて、日本到着後に食事制限があると分かった人の名前だけは、
チェックしておきます。
食事制限についての情報確認は、次回、お伝えします。

お客様に、シートベルト着用のご案内をします。
交通規則により、ガイドも着席・シートベルト着用が義務付けられているため、
お客様のを向いたままお話はできないことをご案内、ご理解をお願いします。

ガイドも含めて全員が着席のうえシートベルトを着用しないと、
バスは出発できません。
なかなか座らない人、シートベルトを嫌がる人がいたりしますので、要注意。
ドライバー様が、バックミラーで確認をしますが、ガイドも確認します。
ツアーでの指揮命令者は、通訳ガイドですから、ガイドが、
ドライバー様に「お願いいたします」と言うと、バスが動きます。

ガイドも着席してシートベルトを付けると、
運転席のバックミラーに写っている範囲しか、
お客様の反応は分かりませんが、
たまにチラりと後ろを振り返れば、大体の様子は分かります。
お話が面白ければ大声で笑うし、驚けば大騒ぎするし、
不思議なことがあれば、質問をしてくるので心配ありません。

昔は、ガイドは立った、ままお客様のほうを向いて
ガイディングをしていたそうです。(ひぇ~!!)
急ブレーキで転倒して骨折したガイドが出たり、
長距離バスの事故が続いてからは、
ガイドも着席してシートベルト着用が義務付けられました。
筆者は、そうなってからの業務しか知りません。
立ちっぱなしだったら、とてもじゃないが、続いていなかったでしょう。
(根性ありませんからね~。)

お客様を気にして、シートベルトを付けた状態で体をひねり、
ナナメ後ろを向いてお話をするガイドも多いようですが、
変に疲れて、体が歪む原因になりますし、長続きしません。

そこまで体に無理をかけたところで、見える範囲はタカが知れていますし、
どう頑張っても後部座席の人には、全然見えないのですから、
むしろ不公平になります。
ツアーは長く体力勝負ですから、余計な体の負担は減らすべき:これが私の業務方針です。
通訳ガイドも人間ですから、疲れれば機嫌が悪くなります。
そのようなことにならないような業務を考えるべきです。

次回は、空港からバスが出発してからの注意事項について、お話します。
24. 【新人】通訳ガイド:バス車内での確認と安全注意事項

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました