ブログの活用法を記事にしました。

4. 【新人】通訳ガイド:ガイディング原稿作成

オペレーション
ガイディング原稿作成

1. ガイディング原稿はガイドの命綱

このシリーズは、オペレーションや動線に関する説明となりますが、
4番と5番のみ、ガイディングについてお話します。

実際のオペレーションや動線について語る途中で、
ガイディング情報を入れることもありますが、補足情報です。

基本ガイディング内容の情報と参考書

実際にタネ本とできるお薦め参考書は、次の5番に掲載します。
但し、すべて、英語の参考書になります

多言語ガイドの皆様は、必ず、各言語圏で人気のガイドブックを入手し、
内容を精査しましょう

目的は、ゲストがあらかじめ知っている知識の見当をつけることです。
市販のガイドブックに記載されている内容をお話するときは、
必ず出典を引用してお断りを入れます。
その理由は、著作権侵害を防ぐためと、
「ガイドブックの通りに話してるだけ」と思わせないためです。

ガイドの話を聞きながら、持参したガイドブックと照らし合わせたり、
Wikipediaを見る人が増えましたので、それを上回る準備が必須です。

記載されている説明内容は、ガイドブックによって違うこともあります。
私は、公式サイトや公式パンフレットの掲載内容を優先し、
ゲストが読んでいそうなガイドブックの内容と違うときは、
「公式見解は、こうなっている」と紹介します。
ガイドブックにもWikiにも書かれていない情報をお伝えすると、
ゲストは大変満足します。

ガイドの説明をメモする人、タブレットに打ちこむ人も増えました。
これには、最大限お付合いします。
「まだ書ききれない、次を話すのちょっと待って」と、
言われたら待ちますし、繰り返しもします。
正確なガイディングがいかに重要か、お分かりいただけるでしょう。

気を付けたいのは、こっそり録音・録画する輩がいることです。
実際に分かれば注意できますが、コッソリ録画されると本当に困ります。
「肖像権がある」と言ってやればどうでしょうか?

女性ガイドの皆様へ警告

女性の皆様は、いつ、どこで、ナニをどう撮られているか分かりません。
服装、所作、立姿、座っている時の見え方など、充分に注意し、
スキを見せないこと。
どの国の何様であっても、男は男なのだということを忘れないこと。

ついでに。
留学経験者、海外での生活経験者は、まぁ問題ないと思いますが、
欧米諸国で生活をしたことのない女性ガイドの皆様へ
男性は、レディーファーストで、ダンディであればあるほど怪しいと疑うこと。
女性に対しては、実に口が上手く優しく、耳触りの良いことを言いまくりますが、
その翻訳は、電話での「もしもし」と同レベルです。

誰にでも何でも言いまくりますが、何の意味もありませんので、
真に受けると、痛い目に遭う可能性が高いと心得ましょう。
「あなたのような美しい人は初めてだ」翻訳⇒ただの「はじめまして」
「貴女無しでは、生きて行けない」  翻訳⇒ただの「こんにちは」
男性は女性に対してそういう風に言い続けるものと言われて育っただけなので、
特に意味はありません。

色々耳障りの良いことを言われたり、レディーファーストしていただいたら、
気分の良いことですから、満面の笑みでお礼を言う、それだけ。
警告はしました。それ以上は、皆様ご自身の責任です。

作成したガイディング原稿は絶対に守る

話は戻ります。
要注意なのは、添乗員が、しゃあしゃあと、
「あなたのガイディング原稿をちょうだい」と言ってくるケースです。
冗談ではありません、ガイディング原稿は、通訳ガイドの命綱です。

新人ガイドの皆様は、相手がベテラン添乗員だと、
最初のうちは、うまく利用されてまくるかもしれません。
それもまた必要な経験かもしれませんが、
苦労して作成したガイディング原稿やアンチョコは、死守します!!!

ガイドが原稿を渡してくれることなど、あり得ないことは百も承知で、
相手が新人とわかると、どさくさに紛れたフリをして、
ガイドの原稿をゲットできるかもしれないと考えるズルイ輩は、
そしらぬ顔をしてダメモトで交渉してきます。
大事なガイディング原稿を渡してはいけません。
どうでもイイ内容のオトリ原稿なら別です。

断ると、こっそり録音して、帰国後に書き起こして添乗員仲間で共有し、
それを自分達が次回から使い、私達ローカルガイドの業務を横取りしようとする、
ローカルガイドなどいなくても、自分達だけでツアーができると
アピールする材料にする事態も発生しているようです。
コッソリ録音は、防ぎようがありません。

添乗員がちょっといなくなったスキに、
とっておきネタを、ゲストにだけお話することもあります。

困ったことに、ゲストもコッソリ録音していることがあります。
これは、本当に気持ち悪いことです。
録音どころか、堂々とガイドが喋ってる時に録画するヤカラもいます。
私は、「ダメ!」と言って説明を止めます。
ガイディングをストップすると、グループ全体に迷惑がかかるので、
やめたフリをしますが、実は、ひそかに続けているかもしれない。
防ぎようがなく、困った大問題です。

2. ガイディング原稿作成

実際にガイディングする内容の原稿を作成します。

上記参考書、訪問場所の公式サイト、ミシュランなどのガイドブック、
Wikipediaをはじめ、様々リサーチをし、数字も確定します。
最近は、観光関係のサイトが非常に充実していますし、
個人ブロガーも、かなり詳しいレポートを書いていますので、
時間の許す限り、色々なサイトの多様な情報を見ておくことです。

紙の資料も、一定の分量になると、それなりに重いので、
データをスマホやタブレット、モバイルPCに入れるのは得策ですが、
タブレットやスマホにデータを見ながらガイディングすると、
準備不足のガイドが、カンニングしてると勘違いされますので、要注意です。
欠点を常に探す傾向の人達は必ず一定数いるものです。

タブレットなどで、自作のデータや画像を見せるのはOKです。
この方式なら、カンニングしながら説明できます!!!

Wordなどによるテキスト原稿作成

主に、バスの中で読むことが多いため、サイズに注意します。
A4縦のままでは、邪魔。
B5縦も試してみましたが、似たようなものでした。
私は、A4を横半分にして、A5横並びで作っています。
B5を横半分も試してみましたが、小さすぎました。

私は、訪問場所ごとにまとめています。
原稿は、詳しい説明のフル・バージョンを作成し、
ゲストや時間に合わせて、
≪松竹梅≫どのコースにもアレンジ可能な原稿にします。

たとえば、二条城なら、A4を横にしてA5が2枚横並びレイアウトで20枚程度。
2つに折ってA5の大きさにして、1件ごとにホチキスで止め、
プラスチックのポストイットで「二条城」とタブを付けています。

1日に回る場所の原稿を、プラスチックのクリアポケットに入れる。
もちろん、こんな原稿をゲストの前で見ながらガイディングはできません。
お守りです。
もし、何か聞かれて答えられなかったら、少し待ってもらい、
トイレなどで原稿を見て答えを見つけて回答したりします。

目の良い人なら、A4で作成したものをB5に縮小コピーしてもいいでしょう。
ただ、揺れるバスの中で読む想定では、文字が小さすぎると不便です。

皆様も、自分で使いやすいサイズを探してみてください。

原稿作成では、基本的な情報は、当然一通り入れますが、
お客様が読みそうなガイドブックやWikipediaには
書かれていない内容を入れることがポイントです。
それが、現地ならではの情報で、お客様の満足度向上に繋がります。

ガイディング用原稿は、実際に声に出して読んで調整し、
情報やデータが変わったら、その都度 updateします。

自分で作成した原稿は、何度も声に出して読み、
皮膚から染み込ませるのです。
ポイントを見るだけでスラスラとガイディングできるのが理想的とはいえ、
どうしても始めのうちは、容易ではありません。

分かりやすくお客様にお話をすることが大切なのですから、
場合によっては、原稿を見ながらお話しても、違反ではありませんが、
その場合は、あくまでも、自分で作成した原稿に限ります。

準備が間に合わず、市販のガイドブックやWikiなどを読み上げると、
クレーム対象になりかねませんので、注意してください

下見をしたか否かに拘わらず、行く可能性のある場所については、
時間のあるときに、少しづつ、原稿を作成しておくのです。

私は、いまだに、法隆寺や白川郷に行く前のバスの中での説明は、
自作原稿を読み上げています。
—「いかにも原稿を読んでます」とならないような雰囲気を演出しましょう。
原稿読み上げは、説明内容が多いので、漏れがないようにするためです。
金沢から白川郷へ行くときなど、40分間、喋りっぱなし、
もっと正確には、「読みっぱなし」です。
特殊な事情がある場所は、wikiにもゲストのガイドブックにも
書かれていないストーリーを語ることが、私達の使命のひとつです。

ときどき、専門の説明員が付いてくるツアーがあります。
添乗員ではなく、訪問場所を説明することを専門にしている人達です。
彼等でさえ、ノートを取り出して見ながら話す人もいます。

団体は様々な性格や嗜好のメンバーで構成されますが、
おおむね、日本マニア、日本ヲタクのような人が入っているものですから、
間違ったことを言ってしまったりするよりは、
正確な情報をお伝えするためにメモを見ても、責められません。

ハンディ版アンチョコ

バスの中なら、原稿を読み上げることもできますが、
バスを降りて現場に行ってしまうと、そんなことはできません。

それでも、実際には、覚えきれないこともありますね~。
有名な対策としては、行程表の余白に数字をメモする、
それも漢字で書けば、欧米人にはバレないとはいえ、
行程表が見にくくなりますし、ポストイットは落ちたら終わり、
ゲストに拾われたら笑い物です。

私は、A6の情報カードを利用して、訪問地ごとに、
重要ポイント、数字、必須情報を書いたミニ・アンチョコを作っています。

文章を書くと、スペースがなくなってしまいますから、
重要点を箇条書きに書きます。
5色ほどの色ペンで書き分ける。
限られた紙面に多くの情報を詰め込むと、文字が小くて読めないとか、
どの情報をどこに書いたか分からなくなるので、
無理に1枚におさめず、複数枚使います。

但し、情報カードは、1枚で済めば使いやすいのですが、
何枚にもなると、情報カードは紙の厚さでかさばるので、
A4にコピーします:A4に、4枚分コピーできます。
端っこが切れたりするので、あまりギリギリまで書かない。
コピーしたら折って4つに切り、訪問場所ごとにホチキス止め。

このアンチョコには、訪問場所情報だけではなく、
オペレーションの重要情報も、赤など目立つように書く。
たとえば、階段は急勾配で危ないから、ゆっくり昇り降りして要注意、
などの情報は、直接、ゲストの怪我防止情報になります。
特に、お城などでは、階段の勾配角度や、階段の数もお伝えし、
足腰の悪い人は、どうしたらよいかの対策にも役立てます。

そのあたりの詳細については、動線ガイドの姫路城見学の回でお話します。

A6サイズなら、現地でバックやポケットから出して、
「え~と」といって、お客様の前で見てしまうこともあります。
—カンニングしましたね!—と言われたこともありますが、
≪間違えてお伝えするより、いいでしょ≫と返したところ、
「そうではなくて、そこまでの準備をしているのですね」
と言われたこともありました。

リストアップ項目が多いとき、数字が多いときは、
そのようなメモがあると、漏れがなくて助かります。
ゲストの中には、細かい数字までチェックしてる人達もいますから、
ある程度のことまでは、お伝えできるようにがんばりましょう。
ゲストは、数字が大好きです。

各情報は、その時に伝えるから臨場感があって盛り上がるので、
タイミングを外すと、「もう、どうでもイイ」雰囲気になってしまうのです。

いかにも、カンニングしている・・・という雰囲気にならないよう、
上手にアンチョコを使えるよう、私まいまだに試行錯誤しています。
アンチョコ方法なんか研究せずに、「全部暗記せ~よ!」が正論ですが、
新型コロナ禍で、ひさしく現場に出ていないので、
アンチョコは、これから先も、まだまだ活躍しそうです。

「空港から出発」の回で詳しくお話しますが、
空港から出発したら、あるいは最初の訪問地に到着するまで、
約1時間、ノンストップで話し続けます。
マシンガントークでまくしたてる勢いが、超オススメです。

早いうちに、とりあえず、
≪なんか、ずいぶん色々なことを知っている人だ!≫と思わせるためです。
アンチョコを見てもいいので、まくしたて勝ちです。

参考:お道具

ポストイット:メモの大きさ、大きめ、
ポストイット:プラスチックのインデックス
複数色のペン:
情報カード :複数枚になってかさばる場合はコピー
クリアポケット:大きさに合わせて各種
(クリアファイルだとかさばるので)

5. 【新人】通訳ガイド:ガイディング情報源と参考書【厳選12冊】

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました