ブログの活用法を記事にしました。

3. 【新人】通訳ガイド:【業務受注】直接依頼・マッチングサイト・旅行会社

オペレーション

1. ゲストから直接お仕事を受ける場合【要注意】

ゲストから直接オファーをいただく場合は、業務条件を送付します。
契約書に相当するもので、急なキャンセルなどの際には、
相互で合意した文書が判断基準になります。
雛形を作っておいて、添付できるように準備しておくと便利です。

記載事項の例

・1日の稼働とは、1時間の昼食休憩を含む8時間とする。
・超過分については、1時間あたり追加発生する料金。
・1日料金÷8時間x1.25、が一般的な残業代の計算式。

ガイド料金のほか、ガイドの自宅からミート場所までの交通費は別途請求。
⇒これが面倒ならば、1日料金を交通費込とする決め方もあり。
その場合、残業代の決め方は、交通費を差し引いたガイド料金を基本にする。
ガイド料金と交通費の明細も記載するほうが、信用されます。

ガイド料金は、業務当日、日本円の現金でお支払いをいただくこと
但し、業務中の交通費、ガイドに要求される入場料、
食事は、ガイド報酬とは別にゲストが負担となる。
昼食がゲストと別になる場合は、別途、〇〇〇〇円の昼食代が加算となる。

通訳ガイド料金は、純然たる通訳案内の役務に対する対価です。
それ以外の、お客様と一緒に移動する際のすべての交通費、
業務中の食事費用、宿泊費などは、ゲスト持ちとなります。
業務を確定させる前に、報酬・費用、支払い方法については、
間違いのないよう確認を行います。

加えて、不可抗力規定キャンセル規定などを記載したものを送り、
お客様の了解を得て、はじめて業務決定となります。

業務規定文書に記載がない経費は、ゲストに請求できません。
万一、業務規定文書を送付後、別途必要経費が発生した場合は、
早急にゲストにお知らせして協議します。
少々の経費ならまだしも、宿泊代や新幹線料金などが自己負担になれば、
膨大な赤字が生じるだけですから、要注意です。

業務規定文書を作成するには、かなりの手間暇がかかります。
1度作れば、マイナーチェンジしながら、ずっと使うことができますから、
直接受注も視野に入れる場合は、今のうちに雛形を作成しておきましょう。

・業務規定を送信して、業務成約に至るかどうかは分かりません。
・納得して業務依頼をいただいても、ほんとうに来日するかは分かりません。
・実際に来日して業務をしても、問題なくお支払い頂けるかも不透明です。
・もし、お支払いをしていただけないと、何をしているのか意味不明です。


エージェントを通せば、このような問題は発生しません。
各自、PayPayなどのシステムをしっかり構築して活用できるのなら、
確実なお支払いへの可能性になるでしょう。
私自身は、そこまでやっていませんので、何ともいえません。

そのような事態を防ぐため、ガイド業務開始する前に、
朝、ミートした時点でお支払いいただくのも、リスク回避になります。
スマートではありませんが、1日の終わりになると、
現金を使い果たして、ガイドに支払う報酬分がなくなり、
ATMへ行っても、うまくキャッシングができないこともあるからです。
マヌケなことに、クレジットカードを限度額まで使ってしまって、
お金を引き出せなくなった人も、実際にいるのです。

業務が成約すれば、来日中の行程について、
次々とリクエストが来て、リサーチ地獄に落ちることもあります。
はじめのうちは、それも業務のためと思っていましたが、
メニュー指定ありのお料教室探しと予約、
墨絵教室探しと予約、挙句のはてに予約変更、
京都の老舗旅館の予約、ハイヤーの手配、
対応すればするほどエスカレートすることもあり、
ガイド料金と全く見合わないことになってしまったことがありました。

その業務では、それらのリクエストに対して別途料金を設定しました。
関東と関西と2人で対応した案件で、関西担当のガイドさんも、
「それは、あんまりだ」との意見で一致できたからです。

ガイド料金とは、純然たるその日の通訳案内の報酬であり、
それほど沢山のリクエストやリサーチが必要になるなら、
別途、事務料金を請求することになるとお伝えしました。

そんなことにツメをたててと思われるかもしれませんが、
何一つをするにも、想像以上に膨大な時間がかかるのです。

通訳案内料金は、あらかじめ下見をして訪問地を把握し、
スムーズなオペレーションとガイディング・スキルによって構成されます。
行程に知らない場所が含まれている場合、その下見にかかる費用は、
通訳ガイドが、自己投資として自己負担すべき費用であり、
ゲストに請求できる経費ではありませんので、ご注意ください。

新人なら料金のことなど考えずに、何でもやるべきと考えるのは問題です。
いつまでも「新人」レベルに甘えることになるだけではありません。
通訳ガイドとしてデビュー戦となる業務を少しこなしたあとは、
この業界は、基本的に、同一労働同一賃金です。
もし、低料金で業務を引き受けると、同業者に大変な迷惑がかかります。
通訳ガイドとして稼働してきた同業者を苦境に立たせるようなことは、
絶対になさいませんよう、肝に銘じてください。

「あたなの時給は、いくらですか?」

最初のうちは、実績を作ることも大事なので、
ある程度は仕方ないかもしれませんが、物事は程度問題です。

ドタキャン被害の実例

東京を3日間観光する、女性お一人様ゲストがいました。
最初の2日間は私が担当し、公共交通機関利用して都内観光をしました。
2日目の夕方に、だいたい動き方がわかったので、
3日目のガイドは要らないと言い出したのです。

実は、そのお仕事を直接受注した方が、最初の2日間は都合が悪く、
私が最初2日の業務をさせていただき、お仕事を受注したご本人が、
最終日だけ担当することになっていたのです。

2日目の夕方になってから、「明日のガイドは要らない」と言われても、
もはや100%キャンセル対象なので、
お支払いはしていただかないと困ります、と私は主張しました。

このゲストは弁護士でした。筆者に対しては、
業務条件を文書で送ってきたし、キャンセル規定も明確に記載されていたが、
でも、お仕事を直接受注した人は、
業務条件など書いてこなかったのだから払わない、という始末。
2日間の楽しかったガイド業務が一気に台無しになりました。

常識としては、前日になってからのキャンセルは、
最低でも80%のお支払いが発生します。
ゲストも弁護士なら、そのくらいの常識はあるはずです。
ズルいと思いました。
キャンセル規定の割合は、旅行社によりますし、
直接案件なら事前に提示した条件によります。
私は、前日(48時間前)から100%と規定していました。

それにしても、前日の夕方にドタキャンを決めて支払いゼロとは、
あまりではないかと交渉の結果、なんとか半分程度を、
やっとお支払いいただいたものの、実に後味の悪い案件でした。

業務受注時に、文書で業務規定を送付し、
同意した旨の返信を保存しておけば、回避できたことでした。

直接依頼案件での支払い問題

お支払いについて、時々、発生する問題のひとつが、
「日本円がなくなってしまった」というケースです。
ATMやコンビニにお連れしても、なぜか、カードが反応せず、
お金を引き出すことができないことがあります。

このような事態を防ぐため、現金ばかりでお支払いする方は、要注意です。
「ここはクレジットカードが使えますよ。
日本は両替所が少ないのですが、現金ばかり使って大丈夫ですか?」
などとお声かけします。

時には、「ガイド料を払ってもらえないかどうか、心配なんだね」と
ストレートに言う人もいますが仕方ありません、その通りです。

日本円の現金がなくてお支払いをしてもらえない場合は、
お客様のカードが使えるATMを探して、お支払いいただくほかありません。
どうしてもダメな場合は、銀行振込という方法もありますが、
見ず知らずの人に、大事な個人情報を伝えるのは嫌ですし、
国際送金は手数料も高く、日本の口座に入金するときにも、
2500~3000円かかりますので、その分も上乗せする必要があります。
そこまでして、送金してくれるかどうかは分からないのです。

それならば、郵便為替を使うほうが安全でしょうが、
本当にお支払いいただけるかどうかは、やはり分からないのです。

お客様に評価していただけることは、とても嬉しく有り難いことです。
お客様からのクチコミで案件を紹介していただいても、
日本で通訳ガイドを雇う料金の目安が全然わかっていない人が多く
業務条件を添付して返信すると、
そのまま「なしのつぶて」になることがほとんどです。

怪しいオファーの実例

リピーターになってくださったお客様から紹介されたという、
年配の女性からのオファーでした。

3週間の日本旅行を計画している。
日本のあちこちを見たいので、
3週間ずっと付き添ってガイドをしてほしいという希望と、
行きたい場所について、色々書かれていました。

そのメールを見て、「分かってない」と直感しましたので、
業務条件を添付して返信しました。
ガイド料金のほか、交通費・食事・宿泊代などは、
すべてお客様の負担と見て、驚いたに違いありません。
その後は、もちろん、ナシのつぶて、です。

直でお仕事を引き受ける場合は、新人の実績作りに限定し、
くれぐれも損害を被らないよう、充分注意してください。

マッチングサイト

最近は、マッチングサイトがタケノコのように出てているようです。
スキマ時間活用ガイドなどは、新人の訓練向けには、使えるでしょう。

浅草だけ1時間半のオファーなど、人バカにしているのかと思いますが、
これも、時代の流れなのでしょう。

ほとんどのマッチングサイトは、
ガイドライセンスの有無を限定していません。
2018年以降、無資格者でも有償で通訳ガイドができるようになり、
そのような人達も多く登録するためか、
報酬は、お話にならないほどの低料金です。
頻繁にお仕事があるわけではない。
ガイドの質よりも、低料金をウリにしている。
時間の切り売りが多いようです。
それらを踏まえたうえで、メリットがあるとすれば、
練習としての使い道だけでしょう。

交通費も計算すると、かなり厳しい条件になることは必定で、
下手すれば赤字になりかねないケースもありそうです。

旅行会社の業務

エージェントを経由すれば、ゲストは高めの料金を払い、
仲介手数料が差し引かれるわけですが、
エージェント様は、様々な手配をしてくれます。
途中で困ったことがあれば、担当者に電話で相談もできますし、
決められたガイド料金は問題なくお支払いただけます。

大手旅行会社のお仕事をすれば、確実な実績になります。

新人ガイドは、最初は低料金で始めることが多いのですが、
ある程度の業務をこなすと、一般料金に格上げになりレギュラー入りできます。
全力を尽くして良いお仕事をすれば、リピートに繋がります。
新人がいきなり団体ツアーを任されることは、普通はありません。
新人ガイドは、<難しくないと思われる>案件を、
はじめは安い料金で担当して、プロとしてのスタートを切ります。
まず、FITでの実績を積み上げることが大事です。
実績は、どの旅行社のお仕事をしたか、も評価の対象になります。

主要旅行会社様のお仕事ができるよう、確実に案件を積み上げるのです。

FITの今後と団体ツアー

観光地には、英語の説明が徐々に充実してきました。
街中でも、GPSを使って自由に歩く外国人はどんどん増えていますし、
様々な情報もスマホがあれば簡単に調べられるようになりました。
スマホでは、無料の通訳アプリ、翻訳アプリもあります。
それらのツールを使いこなせる人達は、ガイドは雇わなくなるでしょう。

それでもガイドを雇う富裕層は、難しいリクエストを沢山出してくるので、
驚くのどの情報を持つベテランでないと、務まりません。

筆者の好みは、圧倒的に団体ツアー業務ですね。
理由は、FITだと、ず~~~~っと、ゲストと一緒にいなければなりません。
トイレまで一緒で、ドアの前で待たれるのも、何だかね~。。。
手洗い、お化粧直し、電話をするのから何から、いちいち、
じ~~~っと見られっぱなし;正直、鬱陶しく感じます。
ゲストが親近感を持ってくれている、有難いことなのですが、疲れます。
団体ツアーなら、必ずフリータイムがあるので、1人で一息つけるからです。

職業として稼ぐためには、ロングツアーを受ける本数がカギとなります。
団体ツアーは、短くて1週間、長ければ2週間、あるいはそれ以上ですから、
ツアー1本でも、まとまった収入を確保できます。

もっとも、予算が厳しい超格安ツアーの場合は、
ガイドは細切れにアサインされることもあります。

東京圏のガイドが、東京~鎌倉~箱根まで案内し、
箱根観光のあと、小田原か三島で新幹線に乗せて終了。
関西圏のガイドが、京都駅から京都や奈良観光を担当。
また次へ移動する列車に乗せて終了。
移動先で、次のガイドが引き受けて、、、という形式になる場合です。
こうすることにより、ガイドの新幹線など費用のかさむ移動費、
箱根以外の宿泊代を節約して、低価格のツアーを実現するからです。

このような事情から、
英語ガイドが箱根の山を越えるには10年かかると言われます。
とはいえ、何等かのタイミングなり事情なりで、
新人が、ロングツアーを引き受けることになる場合もあります。

お仕事のアサインがいつになるかも分からないのに、
ホームベースから遠いところまで、下見に精を出しているなら、
旅行社には、積極的に下見実績もアピールすると良いでしょう。
すぐにはお仕事に結びつかなくても、チャンスは突然やってくるのです。
その時に、対応できるかどうかも、大きなカギです。

4. 【新人】通訳ガイド:ガイディング原稿作成

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました