ブログの活用法を記事にしました。

II-39. 【新人】通訳ガイドの動線ナビ:奈良【日本初の世界遺産・法隆寺】

動線Navi

法隆寺までのアクセス

団体ツアーで法隆寺へ行く場合、専用バス移動が標準です。
公共交通機関を利用するような格安ツアーは、法隆寺へは行きません。
法隆寺が奈良市内から離れているため移動に時間がかかることと、
拝観料が日本の神社仏閣のなかでもトップクラスの
お1人様1500円という価格設定だからです。
広く浅く多くの場所へ行くことをアピールする
格安ツアーの対象になる場所ではないのです。

法隆寺近くのバス駐車場

斑鳩町立法隆寺観光自動車駐車場
駐車場内にお手洗いあり。
敷地内にに、法隆寺iセンター
法隆寺iセンター内にもお手洗いがありますし、
法隆寺をはじめとする斑鳩の観光情報があります。
下見の際には上手に利用されるといいですよ。

法隆寺見学時間と夢殿問題

コロナ禍により、今後は団体ツアーの行程も、
時間にゆとりをもたせる方向で検討されるようですが、
どの程度を「ゆとり」と言っているのかは未知数です。
ここでは、これまでのツアーの標準的な行程を基準にお話をします。

法隆寺は、駐車場から出発して、標準ルートを見学してくると、
約2キロ歩くことになります。
このことは、前日にはゲストにご案内しておき、
当日のガイディングの際にも重ねてご案内します
法隆寺へ行くツアーは、富裕層向けの案件が多いため、
高齢者、足腰の悪い人の割合も多めです。
ゆっくり歩くなら頑張るという人、
その時の体調次第で、途中まで見てバスに戻る人、
最初から行かずにバスの中で休みたい人、いろいろです。
実際には、ドライバー様がバスを離れると、
ずっとバス内にはいられませんので、
近隣のカフェなどで時間潰しをすることになります。
その場合、上記の法隆寺iセンターも活用させていただくにしても、
2時間ずっと粘るわけにもいきません。

法隆寺見学時間の標準は、約 2時間
駐車場からの往復を含めた時間ですから、ギリギリです。
1時間半しか時間のない行程の場合、夢殿へは行けません

【1時間半を2時間にするには?】
法隆寺の前の訪問場所をできるだけ早く出発し、
予定より30分早く法隆寺駐車場へ到着できれば、夢殿まで行けます。
場合によっては、後の行程も少しだけ短くするなどすれば、
1時間半を2時間にすることができる場合があります!

法隆寺まで行って夢殿を見ない、日本人としては考えられない展開ですよね
例によって、行程の詳細は、ランドオペレターである日本側の旅行社と
現地旅行会社との契約がどう撮り決められているのかを、
ツアー事前打合せで、確認する必要があります。
さすがに、法隆寺拝観に1時間半しか時間をとっていない行程では、
最初から「夢殿なし」が前提になっている場合もありますが、
ゲストからのクレームが出ることを前提に、対策が必要です

はるばる日本まで来て、せっかくここまで辿り着いたのに、
「夢殿へ行かないの???」という落胆は、察するに余りあります。
実際に、夢殿を見て感動するか否かの問題ではありません。

【確認事項】
・夢殿は行かなければならないか?
・時間が足りなくて夢殿に行けない場合はどうするか?
・ゲストにはそれを、どう説明するのか?

法隆寺へ行く行程のいろいろ

ふつうの奈良観光は、京都のホテルに滞在したまま、
日帰りでの奈良観光が多いと前回お話しました。
一方、法隆寺は、奈良市内からバスで40~45分かかるため、
その往復だけでも、2時間弱かかることになります。
必ずしも、奈良市内から往復して訪問するとは限りません。
奈良市内との往復を避け効率化された行程が多い印象です。

たとえば、高野山を朝に出発して法隆寺拝観、
その後奈良市内でランチ~東大寺~春日大社~京都のホテル、
というルート、もちろん、その逆もあります。
この場合、高野山は前日に見学が終わっているのならば、
宿坊を予定よりも早く出発すれば、
法隆寺見学に時間の余裕を作ることができます。

【注意事項】
いま、行程管理は厳重になっています。
旅行社が決めた時間よりも早く出発する場合、
事前にツアー担当者の了解をとり、
バス会社経由でドライバー様に連絡必要です。
10分や15分程度なら、皆様ご対応くださいますが、
予め変更を決める場合は、事前に連絡しておくべきです。

夢殿へ行けない場合

法隆寺到着前までにガイディングを済ませます。
その際に、旅行社と打合せした内容と事情を説明し、
ゆえに、夢殿へは行かない(行けない)ということを、
事前にお伝えしておくべきです。

行けないと思うけれど、場合によっては行けるかもしれない、
現場の状況次第で決めることを、予めご了解いただきたい、
というケースもあり得ます。

筆者は何度かこのセリフを言い、毎回夢殿まで制覇しています。
もちろん1時間半では無理です。
細かいことはさておき、大きなポイントを強調して、
ゆっくり早めに進むことが肝心です。

法隆寺

法隆寺は、世界最古の木造建築であり、姫路城とともに、
日本で最初にユネスコの世界遺産に登録された場所。
訪日ゲストの関心事は、どこへいっても歴史の長さです。
木造建築が1400年間受け継がれてきた歴史に思いを馳せるのですから、
アクセクせずにゆっくりと見学したい場所です。

駐車場から法隆寺南大門へ移動

Google Mapが分かりやすいのでご参照ください。
駐車場から南大門まで300m少しあります。

南大門~チケット売場まで

ガイドは、すぐに南大門下まで行って説明をしないこと。
どこへ行っても、ゲストが写真をとる邪魔をしてはいけません
写真撮影がおさまってから説明に入ります。

南大門から先は、いつ訪れても静謐な空気が流れています。
直進して中門まで行き、
約4メートルの金剛力士像を間近に拝見。
左方向へ向かい入口から入り、チケットを買います。
ゲストの言語のパンフレットをいただけます。
パンフとチケットをゲストに配りますが、

チケットは3回必要なので、失くさないこと。
1.五重塔や金堂がある西院伽藍
2.大宝蔵院(収蔵館)
3.夢殿

夢殿へ行かない場合は3回目は必要ありませんが、
「なんで3回目が必要ないの?」と聞かれることになり、
「え・・・3つ目を見ないの?なんで?」と微妙なことになってしまいます。

チケット売場近辺では、団体の統制がとれていないと怒られます。
係員が誘導した場所へ移動せざるをえず、
まずは、そこで概要を説明します。
ガイドが思う場所へ自由には移動できない雰囲気なのです。

西院伽藍

五重塔

インバウンドゲストが興味を持ってしまうのは、
何といっても、何度見ても、どうしても五重塔。
これは日本最古の五重塔:高さ31.5m
⇒珍しく最下層の内陣が公開されている。
建築上のポイントは現場でガイディング。

ガイドが説明する前から、
「お釈迦様入滅の場面はどれか?」
と聞いてくるゲストが時々います。
こういうタイプの方は、かなり予習していますから、
特に新人ガイドは、頑張りましょう。
お釈迦様がニルヴァナに入る場面は、北面ですよ
北面とは、つまり大講堂側です。

金堂

世界最古の木造建築である金堂
法隆寺では、ここがスーパースターなのです。
堂内写真撮影禁止!!!

東回廊側から回り込んだ所にある入口から入り
一方通行で、五重塔に面した出口から出る。
中は薄暗いので人とぶつかったりしないよう、
また、足元にも注意。
堂内のスーパースターは、釈迦三尊像。
ゲストには分かりにくいので、
ガイドがその場所にスタンバイして、
漏れなく全員にご案内をします。
大声を出さないよう注意していただきます。
イヤホンガイドを使えば、おそらく大丈夫です。

大講堂

灯籠を通過して大講堂へ。
向かって左側から入ります。
内部を静かにご案内。
御本尊様の薬師如来坐像、日光菩薩、月光菩薩、
四天王立像は、ガイディング必須。
ポイントだけでOK。
堂内を移動すると、小さな売店があり、
絵葉書や書籍を販売しています。
そこに、法隆寺が出版している「法隆寺」という書籍があり、
筆者はそれをすべて参考にしています。
有名な神社仏閣については、色々な書籍が山ほどありますが、
基本的には、御本家の情報とデータを優先しています。

「法隆寺」これ1冊でOKですが、日本語版しかありません。
これを基に自分用の原稿を構成し、
担当言語に訳して【永久保存版のベース】を作り
データや情報に応じて、マイナーチェンジをするのです。

この小さな売店に向かって左側に進むと開口部があり、
庭の向こうに上御堂を見渡せます。
この庭には、四季咲の桜が植えられていますので、
運がよければ秋でも桜が咲いていることもあります。

大講堂から回廊へ抜けます。
金堂を別な角度から見たり、
回廊のエンタシスの柱についてもお話します。
回廊を抜け、外に出ます。

聖霊院

鏡池のほとりには、正岡子規の
「柿食えば、鐘がなるなり 法隆寺」の句碑がありますが、
外国人ゲストはスルーでOKでしょう。
そもそも、「柿」を知らない人も沢山いますから。。。

聖霊院に入るには、靴を脱がないといけません
それでも入る人、それなら外で待ってる人といろいろ。
中では静かにするようご案内しますよ。

法隆寺についてのガイディングでは、
必然的に、聖徳太子についても多くを語ることになります。

ずば抜けた頭脳の持主であったと分かると、
あやかりたくて入りたい人は、必ず入りたがります。
子供や孫がよく勉強するようにお守りを買いたい人もいます。
中に入らない人は、池の写真などを撮っています。
全員集合したら一か所にまとめ、1列になってもらいましょう。

大宝蔵院【2度目の検札】

1列になって2度目の検札を通過;ここは大宝蔵院入場用の検札。
ここも綺麗に1列に整列していないと怒られます。
右手に、高床式の宝物庫、その先の食堂前を通過して直進、
大宝蔵院へ進みます。

大宝蔵院とは収蔵庫兼ミュージアムで、内部は一方通行
入口と相対する場所に出口があります。
先に出てしまった人は、そこで待つよう入場前にご案内。
内部では静かにすること。
ひとつひとつ丁寧に見ていると、いくら時間があっても足りません。

【必見作品】
夢違観音:西宝蔵入ってすぐのガラスケースの中
・その周辺の国宝級の像をさらっと
・中ほど奥にある、玉虫の厨子
・その左隣にある「聖徳太子コーナー
17条憲法版木:日本最古の憲法。
・百済観音堂:スーパースター百済観音様
身長209cm、ほぼ8頭身。門外不出だったのに1997年に渡仏。
故シラク大統領が、この百済観音像をフランスに招きたいという夢を叶え、
フランスにおける日本年の目玉企画としてルーブル美術館に展示された。
・伝橘夫人念持仏および厨子、など
百萬塔世界最古の印刷物:グーテンベルクよりもはるかに古い。

他にも色々ありますが時間に応じて適宜。
このようなミュージアムでは、必ずバラバラになりますが、

・入ってすぐの、夢違観音は問題なく全員にご案内可能。
・玉虫の厨子は、インパクトが強いので、ゲストがガイドを待っています。
・聖徳太子コーナーはそのすぐ横なので、引続き説明に持ち込む。
・百済観音像は、ルーブルに展示されたといえば注意して見ます。
・最後の締めは、東宝蔵出口にある百萬塔。
ここにスタンバイしていて通過するゲスト全員に説明する。

百萬塔の詳細は、全部を語るとわかりにくいのでポイントだけ。
あの中には、世界最古とされる印刷物が入っていることをご案内。

休憩とお手洗い

大宝蔵院を出て進むと、自動的にお手洗いと休憩場所に出ます。
日差しが強ければ、少しの時間でも休憩小屋に入るなり、
それほどでもなければ、外のベンチに腰掛けたりしつつ、
お手洗いの人達が終わるのを待ちます。
全員集合したら、再出発。
西院伽藍の大通りへ出たら左へ向かいます。
ここから夢殿まで5分と、案内には出ていますが、
団体では、とてもそうはいきません。

夢殿【3度目の検札】

東大門を抜け夢殿方面へ直進。
途中に、お土産屋さんの屋台が並んでいます。
ゲストがお買物をしてくれるのは良いことですが、
時間ギリギリの場合、ゲストが悩んでいる場合は、
申し訳ないけれど、諦めてもらう傾向にはあります。
「これを買う」と決めてる場合は、すぐに済みますが、
皆を待たせてまで1人2人にお付合いするわけにもいきません。

四脚門がみえ「夢殿」の表示が見えて来たらストップし、
チケットを用意してもらいます。
この門をくぐる瞬間に検札があるからです。

夢殿の建築全体を見渡せるわけではないのですが、
多くのゲストは、全体の雰囲気を堪能するようです。
春、桜の季節に訪れると、夢のように美しく、
色々なアングルから様々な写真をとって楽しんでいます。
肝心の聖徳太子実物大の仏像は、なかなか拝見できませんが、
ゲストにとって、それは全く問題ではありません。

夢殿とその周辺を一回りしたら、鐘楼の前を通って、
四脚門から出ます。
四脚門を背にして左側にお手洗いがありますので、
急ぐ人はそちらへ、急がない人は駐車場のお手洗いへ。
あとは、元来た道を駐車場へ向けて戻ります。

法隆寺拝観のまとめ

坂道も階段もなく平坦なところばかりなので、
2km歩いても氣にならないように感じますが、
バスが出発すると、寝てしまうゲストもけっこういます。
ガイドの問題は、見学の時間配分です。
駐車場から法隆寺までの間、ゲストが興味を引くお店はないので、
移動はスムーズです。

下見全般について(ここに限らず)

下見の際には、団体を引率しているスピードで歩き、
要所要所での写真タイムも加味しながら
全体の時間配分の目安をつけます。

このブログでは、ガイディングはすべて割愛していますが、
実際は、要所要所で説明をしながら進むわけです。
それぞれ、どこで、どのような説明をするか、
松竹梅とゲストの興味に応じた説明内容を準備しておきましょう。

松竹梅とハッキリ言うのもイカガなものかと思いますが、
実際、日本の歴史や文化にはそれほど興味はなくて、
変わった風景の写真さえ撮れればいい人達の団体もあるのです。
その場合、詳しい説明をしようとは思いません。
そもそも、説明など上の空ですが、クレームになるのも困るので、
必要最低限の情報は、たとえ誰も聞いていなくても、
必ずご案内しなければいけません。
それが「梅」コースです。

稀に、日本の歴史や文化のヲタクが紛れ込んでいます。
その場合は、松コースで対応してガイドの面目を保ちましょ

*** *** ***
動線シリーズに、高野山は番外編で入れようかと考えていましたが、
法隆寺と結び付けて、次回に入れようと思います。

高野山~法隆寺~ランチ~東大寺~春日大社~京都のホテル
という行程は沢山ありますし、その逆もあるでしょう。
ここで高野山を入れてしまえば、残りは京都だけです。
ツアーの行程の最後が京都で、京都から関空へ向かう行程、
あるいは京都~大阪~関空という行程は沢山あります。
実際に多い行程にしたがい、次回は高野山の動線をレビューします。

明日できるか、明後日になるか不明ですが、
できるだけ早くupできるよう頑張ります。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました