ブログの活用法を記事にしました。

1. 【新人】通訳ガイド:オペレーション・ナビ【概要】

オペレーション

1. 業務オペレーション・ナビの概要

この記事は、通訳案内士としてデビューする皆様が、
初仕事からスムーズにお客様をご案内できるようにするためのナビゲーションです。

通訳案内士試験に合格して、各都道府県へ登録を済ませ、
旅行会社様から、お仕事をアサインされることを前提として、お話を進めます。

稼働スタンバイ状態にする

新型コロナ感染拡大により、2020年のガイド業務は、壊滅的に消滅しました。
インバウンドがいつ戻るのかは未知数、戻るにしても足取りは鈍いでしょう。

2011年の東日本大震災の後も、インバウンドが壊滅的な打撃を受けましたが、
戻る時は、怒涛のように業務が急増し、旅行社も対応に追いつかないほどでした。
2021年春以降は、どのような動きになるか分かりませんが、
インバウンドが戻り始めた時に準備をするようでは、遅いのです。

2022年1月、世界で最も新コロ陽性者が少ない日本において、
さらなる鎖国続行が決定され、
この春こそ業務再開してほしいと願う一縷の望みも、
ツアーキャンセルの通知によって、かき消されてしまいました。
しかしながら、通訳ガイドとして活躍すると決意された方は、
この鎖国機関中に、ガイド・オペレーションを頭に叩き込み、
それに沿って自然と体が動くようシミュレーション訓練をしたり、
実際に現場を歩くなどして実践力を蓄え、
インバウンドが戻る時には、稼働開始スタンバイ状態にしましょう
準備不足のまま、無理にお仕事を受けると、
ゲストに喜んでいただけないだけではなく、
最悪の場合はクレームになりかねません。

たとえ新人といえども、クレームがついたら、暫くはお仕事を干されます。
ごく最初のうちは別として、基本的には、
同一労働同一賃金ですから、新人という言い訳は一切通用しません。
国家資格を持った全国通訳案内士として業務を始める時点で、
一人前のプロフェッショナルです。
ポカをすれば、同業者全員に迷惑がかかるということを、肝に銘じてください

オペレーションの重要性

通訳ガイドの初仕事、あなたは、
自信を持ってオペレーションできますか?

通訳ガイドの業務といえば、各外国語を存分に活かして、
日本的事象のガイディングをイメージされるでしょうが、
そもそも、基本オペレーションができなければ、
ガイディングどころではありません。

当たり前ですが、初仕事から、プロとしての立ち廻りが求められます。

何事もなくツアーを終えることができれば、儲けもの、
程度の違いこそあれ、ツアーに不測の事態は付きものです。
ゲストの命にかかわる事態が発生することもあります。

  • 行程のすべてを把握していること
  • 豊富な情報を持つ経験豊富な通訳ガイドであること
  • スムーズかつ効率的にお客様をご案内できること
  • スムーズかつ効率的にお客様をご案内できること
  • 相応の語学運用能力があること

通訳ガイドとしてのキャリアを尋ねられたら

「このガイドさんは、もしかして新人?」と思われてもいけません。
初仕事で、ゲストから業務経験を聞かれたら、
「まだ10本くらいです」
「10本ちょっとくらいですかね」 と答えるのが定番と言われています。
ゲストは、「どれくらいガイドをやっているの?」と聞いてきます。
軽い気持ちで、ガイドの業務経験を聞く人もいれば、
新人ではないか?と疑って、経験を聞く人もいます。
単純な好奇心から、これまでのツアー稼働本数を聞いてくる人もいます。

とにかくプロフェッショナルだと思わせる

言葉も風習も分からない見知らぬ国にやってきて、
たった1人だけ便りになる存在が通訳ガイドなのですから、
誰だって、自分達を担当してくれる通訳ガイドが優秀であり、
”信頼して全てを任せられる人である”という確証を得たいのです。
その第1の判断基準が、オペレーションなのです。
【ツアーの回し方】とも言います。

団体旅行で訪日するゲストは、かなり旅慣れており、
ガイドの経験値を簡単に見抜きます
その結果、どうやら新人らしいと思われたとしても、
オペレーションがスムーズなら、ゲストは安心します。
なぜならば、ツアーの全行程を無事に見学することが最重要課題だからです。

ガイドが信頼されてこそ、説明が耳に入り、内容が届くのです。
ガイドが信頼されなれていなければ、
どれほど素晴らしい語学力でガイディングを展開しても、
ゲストの耳には届きません。
そもそも、ガイドの言う通りに動いてはもらえません。

通訳ガイドは、行程を催行する業務上の指揮命令責任者であり、
御一行様を率いるリーダーですから、
「この人に付いて行けば大丈夫!」と思わせることが肝心です!

2. オペレーション編でお伝えする内容

通訳ガイドとしてのデビューに備え、
通訳ガイドの必須スキルと詳細について、順次お伝えいたします。

  • ガイド業務前の準備
  • 旅行会社との関係
  • ツアーの構成
  • 貸切バス(専用車)
  • ツアー中のオペレーション諸々
  • 訪問地の動線
  • 不測の事態
  • 病気・怪我の発生と対応
  • 筆者の失敗談
  • その他

通訳案内士の業務とは

行程という筋書きの舞台に、様々な大道具・小道具となる事柄を整え、
特徴あるゲストが、色々な役割を演じる舞台全体の指揮する総合舞台監督
日々発生する多種多様な不測の事態にも、臨機応変な対応が求められます。

3. 業務前の下見

下見をする順番

下見に出かけたら、オペレーションや見学場所の動線まで把握しましょう。
下見は、ホームベース近辺からはじめるのがお薦め。
関東の方なら東京都内、次に鎌倉、箱根、日光、あたり、
関西の方なら、京都市とその近郊、奈良、大阪、姫路、あたりでしょう。
遠くの名所の下見から始めても、全く問題はありませんが、
ふつう、新人の初仕事はホームベースから、awayはその後が一般的。

絶対に近いうちにロングツアーを勝ち取りたい、
いつ、ロングツアーをアサインされてもいいように、
また、存分にガイド・スキルを発揮すべくスタンバイする方は、
早いうちからゴールデンルートの有名観光地も訪れれば、
大いにモチベーション・アップになること請け合いです!

下見は初期投資

下見にかける投資がいつ回収できるかは、見当つきませんが、
旅行会社様への大事なアピールポイントになります。
そもそも、新人は使わないと決めている旅行社様もありますので、
遠くの有名観光地へ下見と勉強に出かけるにしても、
最初は、どのツアーでも必ず行程に入る場所から始めましょう。

繁忙期に、人手が足りなくなれば、旅行会社様としても、
”とにかく空いてる人”を探すことになり、そうなると、
新人にでも業務を依頼せざるを得ないこともあります。
その際に、優先される人材は、現場を知っていること
スムーズにツアーを回せそうだと判断される人で、
語学力やガイディングよりも、
スムーズにオペレーションできるかどうかが、優先されます。
なぜならば、現場でオペレーションがスムーズにできないと、
ツアーそのものが成立しないからです。

アサイン済みのガイドが、のっぴきならない事情で、
予定されていたツアー業務ができなくなり、しかもそれが繁忙期の場合、
新人が、いきなりロングツアーにアサインされることもあります。
英語では稀ですが、それでもいくつかの例を聞いていますし、
他言語なら、新人でも、合格翌年から、
団体ツアーをアサインされる可能性があります。

昨今は、通訳案内士試験の合格率が高くなり、
一時期は大量合格が続いたこともありました。
2020年の新型コロナ禍のせいで、2019年度の合格者はデビューできないまま、
2020年度も試験は行われ、2021年もインバウンドは戻らず、
2022年春のツアーもキャンセルとなり、
2022年の秋に戻るかどうかを窺う状態となりました。
現段階でも、3年分の合格者が一斉にスタートラインにいる状態です。
当たり前ですが、合格年度順にアサインされるわけではありません。

通訳ガイドの信用の生命線

素晴らしい語学力で、優れたガイディングを展開しても、
オペレーションで躓けば、ガイドの信用は一気に失墜してしまいます。
行程に記された訪問場所をすべてスムーズに見学できないと、
契約違反になってしまうからです。

新人研修だけでは不十分

訪問場所がどこであれ、一度下見をすればOK。
業務で同じ場所に行くたびに、追加情報を蓄積しくことができます。
例外としては、改装工事、博物館などの展示替えなどがある場合は、
再度行ければ理想的ですが、何度か行った場所なら何とかなります。

毎年、通訳案内士試験の合格発表後に、
通訳案内士の各団体が行う新人研修に参加できればベストですが、
日程や人数制限もあり、参加できない方も多いでしょうし、
その限られた時間では、伝えきれないことも多く、
新人研修への参加だけでは、下見にはなりません。

実際、新人研修に参加しても、
「まさか、今日来ただけで、下見も含めて、
全部カバーできたとは思っていないでしょうね。
あとで、自分で下見をして確認してください」と言われます。
新人研修では、駆け足で主な動線を辿るだけのことが多いので、
どっちみち、改めて出掛けてみる必要があります。
研修に参加する場合でも、事前に色々分かっていると理解が深まります。

4. 求められる通訳案内士とは?

有名観光地のの説明表示は、加速度的に多言語化し、
日本語、英語、中国語、韓国語の表記が標準となりました。
スマホアプリの通訳・翻訳機能も飛躍的進化を遂げました。
3万円程度の多言語自動通訳機があれば、簡単な内容なら通訳者は不要です。
大都市圏では、電車内のアナウンスも、日本語と英語のほか、
中国語、韓国語のアナウンスもする列車も増えました。

スマホややタブレットのGPSを使えば、迷わずに道を歩くことができ、
乗換案内で、電車の時間や料金はもちろんのこと、
各駅で何番ホームに行けばよいかまで分かるようになりました。

では、ゲストは、通訳ガイドに何を期待しているでしょうか?

  • 現地の人(=通訳ガイド)と交流を持ちたい。
  • 歴史や地理、観光地の情報を、臨機応変にゲストの疑問に応えてほしい。
  • ガイドブックには書かれていない話題や情報を伝えてほしい。
  • 困った時に手助けをしてほしい。
  • 安心して旅をしたい。
  • 世間話にも付き合ってほしい。
  • お父さん、お母さん、先生、友人であってほしい。
  • 究極:すべて任せられる人にいてほしい。

通訳ガイドは講師ではない

確かに、行く先々で、色々な情報をゲストにお伝えし、
訪問場所についてのガイディングを展開いたしますが、
Wikipediaやミシュランの内容やデータを語るだけなら、
通訳ガイドは必要ありません。

いい想い出を作る演出家

ゲストにとって、最も身近な現地人が、通訳ガイドです。
ゲストは、せっかく旅行に来たのだから、現地の人と仲良くなり、
世間話も含めた色々なことについて、お話したいと思っています。
団体が大家族のようにまとまって、皆で楽しく過ごすことが一番大事。
限られた時間と状況のなかで「素敵な想い出」を作る演出家になり、
あの人と過ごせて良かったと、思っていただくことが一番大事です。

筆者は、「笑っていただいてナンボ」という感覚を、いつも大事にしています。
旅行中、できるだけ多くの時間を笑顔で満たしたいと思うからです。

通訳ガイドの使命

ITCの飛躍的な進化を味方にしてツアーを回し、お客様に有益な情報をお伝えし、
みんなでよく笑い、楽しい時間を共有し、大変なことがあっても一致団結し、
お客様を幸せな気持ちにすることが、通訳ガイドに期待されている使命です。

正直、激務ですし、精神的なプレッシャーも多い業務ですが、
ゲストの皆様との交流を通して、面白い発見も沢山あります。
ゲストにご満足いただける、いい想い出になるツアーは、
ガイド自身もハッピーになってはじめて実現する
のです。

通訳ガイドは、ツアーという総合芸術の舞台監督ですから、
どれほどICTが進んでも、人間にしかできないお仕事ですよ。

ツアーの締め括り(ガイドの使命)

最後にお別れする時、「ほんとうに、沢山のことを教えてもらえた」
「実に、楽しい時間をすごすことができた」
「日本のことを、本当によく理解できた」
と言ってもらえるよう、スキルを鍛えましょう。

ほとんどのゲストとは、一期一会。
「あの世でまたね!」と言い残して帰る人もいます。
そう考えると、あの世では、膨大な数の知り合いと再会できそうです。
≪袖触れ合うも他生の縁≫と考えると、
見知らぬもの同士が、初めて顔を合せた瞬間から、
短くても1週間、長ければ2週間あるいはそれ以上の間、
朝から晩まで一緒の時間を過ごすのですから、
相当深いご縁のある方々に違いありません。
なかなか、珍しく貴重な体験ができるお仕事なのです。

次は、このブログと記事を書く理由についてお話します。

2.【新人】通訳ガイド:業務オペレーション【この記事を書く理由】

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました